« 9月25日(土)有坂ともよ&中田宏太ジョイントライブ♪ | トップページ | “NiNo”in大塚Welcome Back ライブレポート »

9月5日(日)アーティストミーティングレポート

今回のミーティングは、私にとっては
これまでにいろいろと教えて頂いた事の
再確認のような内容でした。

まず、
「やるべき事、やれる事、やりたい事」
を考える際の優先順に関して。

自分がやりたい事から考えるのではなく、
まずは自分がやるべき事を考え、
その中でできる事からやっていくべきだ
ということ。
また、今自分が何をすべきかを常に考えるという事。

やりたい事だけやっている内はただの趣味。
やるべき事をやれてこそプロ。

仕事現場だけでなく、常日頃からこれを意識する事で、
この考え方を習慣にする事が大切なのだと思います。

これはタレントに限らず、どんな職種にも
当てはまる事だと思います。

次に、話してもらった事が全てではないという事。

聞いた内容が10だと思わず、+αで考える。
指示された事だけやるのではただの作業。
常にそれ以上物事を考え、行動していく事が必要
という事です。

自分のケツは自分で拭くというのは当たり前として、
それ以上を求めていこうと思います。

感涙であれ憤りであれ笑いであれ、
とにかく人を感動させる(感情を動かす)演技をする事が
私の目標です。
その為には常に他者の事を考えられるようになる事が
必要だと思います。

周りを当てにせず、どんどん自分自身で行動して
いこうと思います。

最後に、タレントと事務所との契約に関して。

タレントと事務所とは、
タレントという個人事業主と事務所との契約であり、
ビジネスパートナーであるという事。

タレントは事務所に面倒をみてもらうのではなく、
あくまでもビジネスパートナーであり対等だという事です。

また、これはナルホドと思ったのが、
ビジネスパートナーは足し算ではなく掛け算の関係だ
という考え方です。

お互いが1ずつの力を出してやっと1になる
という事です。

片方が今持てる力全て(1)を出さず、
なあなあに0.5しか力を出さないと、
もう一方が1の力で頑張っても、結果0.5にしかなりません。
お互いが今持てる力以上に頑張って、
やっと1以上の結果が得られるのです。

お互いが対等なビジネスパートナーである以上、
事務所に助けてもらうのではなく、自分も事務所を支え、
お互いに助け合える関係でなければならないと思います。

今回のミーティングでの内容が当たり前に感じられるよう、
日頃からの意識付けを徹底していこうと思いました。

Img_1205s
レポート:沢村武志

|

« 9月25日(土)有坂ともよ&中田宏太ジョイントライブ♪ | トップページ | “NiNo”in大塚Welcome Back ライブレポート »

タレント日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510193/49570460

この記事へのトラックバック一覧です: 9月5日(日)アーティストミーティングレポート:

« 9月25日(土)有坂ともよ&中田宏太ジョイントライブ♪ | トップページ | “NiNo”in大塚Welcome Back ライブレポート »